Ikke kategoriseret

デンマーク徒然草

「ドライブ・マイ・カー」鑑賞

2022.4.5

濱口竜介監督の「ドライブ・マイ・カー」が話題になっている。私はアカデミー賞受賞前にMUJIデンマークの主催で行われた映画会で観た。村上春樹の小説を始め、日本関係の映像字幕も手がけるMette Holmさんの解説もあったが、作りが複合的で、チェーホフの戯曲も交差して一度で理解をするのは難しかった。Metteさんとはお友達で、私が村上作品を気にするようになったのは明らかに彼女の影響が大きい。映画鑑賞の翌日、映画の解説ビデオを片っ端から観ていると、アカデミーの授賞式に先立って行われた映画イベントでの監督のインタビュービデオもいくつか上がってきた。その後予想に外れず国際長編映画賞を受賞すると、さらにインタビュー番組が流れたのでそれもほとんど食い入るように観た。

私は濱口さんの受け答えにとにかく魅かれてしまった。彼は全ての質問にとても真摯に自分の考えを述べるのだ。浮き足立つようなそぶりや、適当に流すような回答もせず、全くブレることがない。自分の映画への感想や質問を受けて、初めてこの映画が表現したかったものに気付かされました、などということまで口にしてしまうような正直な人なのである。そしてそれが全て淀みなく口から出てくることからも、格好をつけたような受け答えでないことは見て取れる。常に謙虚、でも確固とした意志があり、唸らせる表現力を持ち合わせている。映画の魅力はこの人の人間性の現れなのだと確信した。

今日は日本記者クラブでの記者会見をNHKニュースのアプリからライブでたまたま全部見ることができた。そして彼はそこで私の心を揺り動かす素晴らしい言葉を放ったのである。受賞のスピーチの話に触れて、「通訳さんが英語にしてくれたお礼の言葉などは予め覚えておいて自分で述べました。本当はその後に日本語で話す内容も考えていて、そこは通訳の方に訳してもらうはずだったのに、『サンキュー』と言ってしまった後は音楽が流れてその先が言えずに終わってしまいました。素晴らしい通訳さんなのに発揮していただく場面がなくなってしまって申し訳なかったんです」と。この通訳に対する思いやりある発言、誰でもできることではない。というか、普通はまずあり得ない。私は仕事柄、通訳さんの仕事ぶりはかなり注目する部分。確かにこの通訳の方、他のインタビュービデオで拝見したが日英訳ともに完璧。ほぼ全てを拾って的確にスピーディーに訳している。通訳は、集中力と頭の回転が命の仕事なのだが、どうしても影武者で、さらにできて当たり前的に過小評価されることがほとんどだろう。だから仕事への理解はもちろん、そこまで通訳への労りをあのような場で口にできる濱口さんと言う人に私はもう決定打を打たれたような気分だった。実際、濱口さんの言葉とは裏腹に、言葉を発することもなく終わった通訳さんは(仕事を忘れ?)笑顔で大拍手しながら彼を讃えていたのも印象的だった。世界が認めた表現者・濱口竜介さんのインタビュー、映画と同じくらいお勧めしたい。

デンマーク徒然草 Read More »

デンマーク徒然草

デンマーク徒然草

つれづれなるままに、 デンマークの日暮らし、PCに向かひて、心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ

デンマークの春

令和4年4月 ** 2022.4 

今からおよそ700年前ほどに吉田兼好が書いたとされる随筆の徒然草の冒頭のフレーズ、まさしく今はこれをブログと呼ぶ。つまりブログって、カタカナコトバになっているがなんのことはない古くからあったわけである。兼行法師と比べるのは恐れ多いけど、令和4年、私も徒然とここデンマークの日暮らしの話を書き溜めていくことにした。日頃は西暦しか使わないので、元号がさっぱり分からなくなっている。でも随筆(ブログ)をしたためると決意し、デンマーク徒然草を創刊するにあたってはあえて令和を使わせていただこう。そう、東の日出る国から出て来た私は、今では日本のそんな風習に魅かれたりびっくりしたりするデンマーク人の目を持ち始めている。

私が最後に日本を後にしてデンマークに来てから13年目を迎えた。延べでは15年以上。もし初めて移住した時から引っ越しを繰り返さなければ29年になる。初めてきた90年代のデンマーク…あの頃は、土曜日の2時から日曜日はお店も全部閉まって目抜き通りのストロイエからは人が消えていた。東京との格差に唖然とした。それが今や世界幸福度2位、SDGs達成度3位、デジタル政府1位などの羅列なのだから変われば変わるものだ。

さて、第1回目のテーマは春。デンマークでも3月ぐらいからは春めいてくる。まだ10度以下で寒いけど太陽の光が変わってくる頃に夏時間も始まる。クロッカスの花があちらこちらで咲き始める。我が家にも黄色や紫が顔を出していたがようやく開き始めた。クロッカスの前にはまず黄色いエランティス(節分草)、白いスノードロップがまだ凍えるような時期に出てきて、ああ春が来たのか、と希望を抱かせてくれるのだ。年齢とともに王道の「趣味の園芸」街道を走り始めた私とデン人夫は、この10年ほどは家庭菜園に精を出し、季節ごとの花を見にいくのが楽しみになっている。クロッカスが綺麗なのはなんと言ってもコペンハーゲン市内のRosenborgだった。「だった」と言うのは先日見に行ったら何も咲いていない。と言うより花自体が花園からなくなっていた!!でも大丈夫。実はクロッカスならここしかない、と言う取っておきのスポットを私たちは去年発見しているからである。それはGentofte市にあるCharlottenlund Palace 。「お城」と言うには本当に名ばかり、そのこじんまりとした白亜の館は今はオフィスやイベントセンターになっているのだけど18世期に王家の夏の別荘地として建てられた。そのお城の正面の小さな庭にこの時期クロッカスが咲き乱れるのである。日本の梅や桃の花を見上げる楽しむ3月、デンマークではこのように土からやっと出てきた素朴な小さなお花を愛でる時期。白と紫のミックスのこのお花畑は、地味だけど相当頑張っている。デンマーク人は季節を問わず散歩をする国民である。寒くても防寒着を来て森やら公園やら海沿いを歩く歩く歩く。クロッカスの庭はそんな近隣市民のお散歩コースとしてこの時期の楽しみの一つになっている。

デンマーク徒然草 Read More »